InstagramフォローLINEで質問
PR
スピーキング

韓国語を話せるようになりたい!効果的な勉強法と話せるコツを紹介

韓国語を話せるようになりたいスピーキング

韓国語を勉強するなら、やはりしっかり話せるようになりたいですよね!とはいえ、なかなか話せるようにならなくて、悩んでいる人も多いのでは?

初心者の人では、全然勉強が進まず、「このままで本当に話せるようになるの?」と感じることもあるのでは?

韓国語を話せるようになるためには、それにフォーカスした勉強をする必要があります。また、外国語でしっかり話せるようになるためには、語学知識以外にも心得た方が良いこともあります。

今回は、ゼロから韓国語を勉強した私でも、しっかり韓国人と会話できるようになった経験を踏まえて、会話の勉強方法やポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

韓国語をうまく話せない原因

韓国語をうまく話せない原因

勉強を進めているつもりでも、長年勉強法をしていても、全然話せるようにならない人には原因があります。もしかして勉強方法が悪かったり、ちょっとした意識に問題があるのかも。

まずは、日本人によくありがちなスピーキングが上手くならない原因を挙げてみます。自分はあてはまっていないか、まずはチェックしてみましょう。

日本語をそのまま韓国語に置き換えようとしている

「日本語と韓国語は語順が同じだから勉強しやすい」とよく聞きませんか?もちろん、それは本当です。日本語で話すときの感覚と同じ思考回路で話せるのは、韓国語を学ぶ日本人にとって大きなメリットです。

しかし、日本語での言葉をそのまま置き換えているだけでは、何だかよくわからない韓国語になってしまうことも大いにあるんです。語順は同じでも、日本語の単語一つひとつをそのまま訳して並べれば、キレイな韓国語になるとは限りません。このように作文していると、韓国人に伝わらない文章が身に付いてしまいます。

本当に日本語の字面のまま、訳そうとしている人が多いようです。日本語の文章をそのまま一字一句訳す意識ではなく、本質的な意味合いを韓国語で表現する意識で文章を作る方が、自然な韓国語表現が身に付きます。

発音をカタカナで覚えている

どんなに語学の知識を持っていても、韓国人に伝わらない発音では会話が成り立ちません。スピーキングでは、知識も重要ですが、それを伝える発音も重要です。

韓国語は、日本語にない発音も多く、日本人にとって難関の一つ。だからこそ、力を入れて勉強・練習しなければなりません。

一番良くないのは、カタカナでハングルを覚えてしまうこと。たまに参考書やテキストなどで、ハングルの読みとしてカタカナ(カナルビ)を振っているものがありますが、カナルビを頼りにしすぎてしまうと、発音が格段に悪くなります。

日本語の発音で韓国語の発すべてを表すことはできません。発音は、ハングルとそれに対応する音で覚えましょう。また、口の開け方や舌の動きなどもしっかり意識して練習すると、韓国人の発音に近づけます。

話す機会が圧倒的に少なすぎる

スピーキングは実践的な練習の数に比例して上達すると言っても過言ではありません。韓国語を話せるようになれない多くの原因は、圧倒的に会話の実践練習が少ないからかもしれません。

特に独学では、なかなか話す機会がなく、知識のインプットに終始しがち。しかし、これでは試験を合格できるくらいの知識を身に付けても、一向に話せるようにはなりません…!

独学だからこそ、話せる機会を自分から積極的に作っていく必要があります。アプリを使って韓国人と交流してみたり、地域の語学交流コミュニティに行ってみたり、あまりお金をかけなくても、韓国人と会話できる方法は意外とあります。

必要に応じて、韓国語教室やオンライン授業を受けるのも良いでしょう。もし、韓国旅行に行く機会があれば、どんどん話してみましょう。多少お金をかけてでも、会話の練習をしなければ話せるようには絶対なりません!

間違えることを恐れている

日本人によくありがちなのが、間違えることや伝わらないことを恐れて、全然自分から話せないという事態。せっかく韓国人と話す機会があっても、この感じではまったく意味がありません。

特に相手が日本語が話せる人だと、どうしても甘えて、日本語混じりに話してしまう人も多いようです。

初めは間違えたり伝わらなかったりして当たり前。間違える中から、新しい発見がや気づきがあります。私もホテルのフロント係なのに、間違えまくりながらも、とにかく韓国語で話してみました。

うまく伝わらないこともありましたが、間違えてもとにかく話してみるという度胸は付いた経験です。笑 こちらが日本人なのだから、拙い韓国語あっても、相手の韓国人は理解しようとしてくれます。

なかなか恥ずかしくて話せない人は、この気持ちを突破することが上達への第一歩と言えるでしょう。

スポンサーリンク

韓国語を話せるようになる勉強法

韓国語を話せるようになる勉強法

「じゃあ、どんな勉強をすればいいの?」と思う人も多いでしょう。会話練習が大事と言えど、その前に自分でできる勉強もたくさんあります。

会話を見越した勉強方法のコツを紹介します。ある程度韓国語の基礎知識は持っている前提です。

フレーズを学ぶ

会話の勉強として一番いいのは、フレーズとして文章や文法を勉強すること。実は一からオリジナルで文章を考えるのは、非常に難しいのです。日本人っぽい文章が出来上がってしまう原因でもあります。

韓国人らしいスピーキングを目指すなら、韓国人が使っているフレーズをそのまま真似しましょう。まずは実際の会話に使えそうな文章を参考書などから参考にしてみるのも◎。少しレベルが上がってきたら、ドラマやバラエティなど、実際の韓国人の会話の中から参考にするのもおすすめです。

  1. 参考書の中から使えそうなフレーズをストック
  2. ドラマやバラエティーなどより実践な会話からフレーズをストック
  3. ストックしたフレーズの文法的な構造を理解する
  4. そのフレーズを基に単語などを置き換えられるようにしておく
  5. 実践で使ってみる

こうしたフレーズをたくさんストックしておき、シチュエーションに合わせて、若干内容を変えるだけで、かなり汎用できちゃいます。韓国人らしい言葉遣いも身につきやすいので、非常におすすめ。

フレーズだけでなく、相槌や単語使いなども、普段から韓国人がよく使っている言葉を学んでおくと、韓国人らしく伝わりやすい言葉遣いができるようになります。

リスニングを鍛える

スピーキングも重要ですが、相手の言っていることがわからなければ会話は成立しません。また、聞き取れない発音は、自分でも同じように発音することができないため、発音の向上のためにも、リスニング力強化は欠かせません。

  • ”聞いて読む”練習をする
  • 聞いた内容を文法的にも理解する
  • 何もしていない時も韓国語音声を聞き続ける
  • ドラマやバラエティなど実際の韓国人が見聞きするものが良い

“聞いて読む“とは、韓国語音声を聞きながら、その内容のテキストを読むことを指します。リスニングは、この勉強がすごく効果的。音楽でもドラマでも、これを普段から継続しておくだけで、リスニングは結構向上します。

ただ聞いているだけではよくわからなかったことも、テキストを見れば案外自分の知ってる言葉で構成されていることがよくあります。それは、発音変化などに慣れていないことなども理由です。

ただ聞くだけでは、なかなかこういった点がわからずじまい。ちゃんと聞いているテキストを見て、何を言っているのかハングルでも理解しましょう。

また普段から、音楽やドラマなどでなるべく韓国語を音声を聞く習慣を付け、韓国語音声に耳を慣らすようにすることも重要です。

発音を鍛える

文法を理解していても、それを伝わる発音で言えなければ、相手は理解できません。韓国語を話せるようになるためには、できる限り正しい発音を身に付けなければなりません。

  • ハングルを音声で覚える
  • 口の動き・舌の使い方も理解する
  • 韓国人の発話を完全にマネして練習する
  • K-POPを同じように歌うのも効果的

一人では発音を練習するのは難しいですが、とにかく大事なのは、韓国人の発音を完全に真似ること。極論、何を言っているのか内容的によくわからなくても、まったく同じ発音ができれば、相手には伝わります。

それくらい発音は重要だということ。まずは、韓国人の発音を丸コピーする気持ちでいろいろ発音してみましょう。発音はもちろん、抑揚までコピーできるとさらに韓国人感が高まります。

ドラマのセリフを同じように発音するのもいいし、面倒であれば好きなK-POPを同じように歌いまくるも楽しくて効果的。実際に韓国人の発音を真似していると、発音の仕方をもっとしっかり理解できるようになるし、コツも掴めてきます!

実践練習を積む

普段から、このようにフレーズ集めとリスニング・発音の強化を一人で頑張って進めたら、いざ実践です。日本でも独学でも、いろいろな方法で韓国人と話せる機会を作れます。

  • 語学交流アプリを使う
  • 地域の日韓交流会に参加する
  • 韓国人の知人に頼む
  • 韓国語教室に通う
  • 韓国語のオンラインレッスンを受ける

語学交流アプリには、個人的になやり取りができる「Hello Talk」やランダムに会話ができる「Maum」などがあります。無料なので、誰でも気軽にできる反面、なんだか怖いと感じる人もいるかもしれません。

私はどちらも使ったことがあり、トラブルもなかったのですが、そこは自己責任で。直接会わないようにする、連絡がしつこくなってきたら、距離を置くなど、使用にあたってのハザードラインのようなものをある程度決めておくといいかもしれません。

◆「Hello Talk」の概要や使ってみた感想、安全に使うコツは、以下の記事でも解説しています。

スポンサーリンク

勉強方法編|韓国語を話せるようになるためのポイント

勉強方法編|韓国語を話せるようになるためのポイント

韓国語を話せるようになるためには、好きな勉強ばかりしていてはいけません。少しでも会話力を早く上げるためにはコツがあります。

会話力やスピーキングを向上させるための勉強のポイントを解説していきましょう。

リスニングと発音も強化する

「韓国語が話せるようになりたい!」と思うと、まずスピーキングを思い浮かべるかもしれませんが、リスニングもしっかりできていないと、相手の返しが理解できず、会話になりません。

また、言いたい文章を正しい文法で作ることができても、正しい発音が身に付いていなければ、相手に伝わらないかもしれません。

つまり、文法を理解して正しい文章を作る力・リスニング・正しい発音が身に付いてこそ、韓国語を話せる状態になるというわけです。どれかが欠けても、満足に会話が成り立たないと言えるでしょう。

文法の勉強は積極的にする人は多くても、発音やリスニングが手薄になっている人は多いのでは?これらの勉強はなかなか一度に勉強することが難しいので、それぞれ意識して学ぶことが大切です。

自分の好きな勉強ばかりに偏ってしまうと、語学力も総合的に伸びず、会話力も上がりません。まんべんなく、さまざまな勉強ができるよう、意識して取り組むようにしましょう。

韓国人がよく使うフレーズを学ぶ

韓国人がドラマやバラエティなどでよく使っているフレーズから言葉遣いを学ぶのは非常におすすめ。言いたいことがなんだかうまく伝わらない原因の一つに、日本人っぽい文章作成をしてしまっているケースがあります。

韓国語と日本語が似ているというあまり、日本語を直訳したような韓国語文章を作成してしまっている人がとても多い!語順が同じと言えど、韓国語にも韓国語ならではの表現の仕方があったりします。

このような「韓国人らしい韓国語」は、参考書などでは意外と学べないもの。実際の会話から学ぶのが一番です。

ドラマやバラエティを見るとき、韓国人と話すときなど、意識的にどんなフレーズを使っているのか聞いてみるようにしましょう。「これよく聞くセリフだな~」と思うものは、韓国人らしい表現とも言えます。

また「自分が韓国語文章を考えるときに、そんなふうな文章は思いつかなかった!」と感じるフレーズもポイントになります。

フレーズごと覚えて活用する

一から、韓国語の文章を考えると、日本人っぽい文章になりがち。一番自然な文章を作りやすいのは、韓国人がよく使うフレーズを活用する方法です。

普段から使えるフレーズをストックするようお伝えしていますが、ただ丸っとフレーズを覚えるのはもちろん、それを活用してこそ、伝えられる範囲が広がります。

フレーズの文法をしっかり理解し、言いたい内容に合わせて単語を変える練習をしてみましょう。パッチムの有無によって、発音変化や助詞が変わったりもしますよね!

こういう練習をしておくと、いざという実践のときにも、スムーズにフレーズを活用しやすくなりますよ!「このフレーズを活用する」という意識を持って、勉強を進めましょう。

普段から韓国語でなんて言うのか考える

普段から韓国語文章を脳内で作る練習をするのもとても効果的。作文練習など、机に向かって書きながら文章を作ることはあっても、脳内で文章を考えるクセは付いていない人が多いはず。でも、実際の会話は、頭の中で言いたいことを韓国語にしていく力が求められるのです。

道を歩いているとき、電車に乗っているとき、お風呂に入っているときなど、ちょっとぼんやりしたときに、今思っていることなどを韓国語ではどう表現するのか考えるクセをつけるのがおすすめです。

もちろんその場で大正解の文章は作れないかもしれませんが、「脳内で韓国語文章を考える」というプロセスが重要なのです。これは練習していないと、なかなかスムーズにできません。

完璧な文章を作らなくてはいけないのではなく、韓国語文章を考える練習をするという意識を大切にしましょう。文章を考えながら、単語や文章をササッと調べて、「へ~そうなんだ」くらいにしておくのでOK。

何度もこれをやっていると、同じ単語や文法が何回も登場し、次第に覚えていくようになります。

スポンサーリンク

マインド編|韓国語が話せるようになるためのポイント

マインド編|韓国語が話せるようになるためのポイント

韓国語を話せるようになるために、知識や練習はもちろん重要ですが、意外に心構えも重要だったりします。日本人は特に、間違いを恐れてしゃべりだせなかったり、恥ずかしさが先立ってしまい、なかなか会話の場にでかけられなかったりするものです。

実は、この心の持ちようが、会話の上達を妨げているのかも…会話の勉強にあたって、ぜひ意識してほしい考え方を紹介します。

とにかく臆さず話す勇気を身に付ける

実は結構な人が持てていない「話す勇気」。たいしたことじゃなさそうですが、「間違ってもいいから、とにかく韓国語で話してみよう!」という気持ちがないと、なかなか自分から話すことができず、全然練習ができません。

韓国語教室や交流会など、韓国人と話す場面になっても、「へ~」とか「그래요.」とか相槌ばっかりになっちゃって、全然話せていない人をよく見ます。せっかくの韓国人と話せる機会、自分の発音や文法が通じるか、ぜひチャレンジしていきましょう!

「絶対話すぞ!」という気持ちがないと、相槌で終わっちゃいます。強い気持ちを持って、何度もトライ&エラー!!これを繰り返しているうちに、間違えても全然気にならない度胸が身に付きます!笑

積極的に韓国語で話す機会を作る

日本にいながら、韓国人と会話できる機会はまず多くありません。友達や知人がいてもなかなか練習を頼めなかったりしますよね。

つまり、韓国語で話す機会は自分から作らないと生まれないんです!無料アプリで練習してみるとか、日韓交流会に行ってみるとか、お金をかけなくても気持ち次第で話せる機会は作れます。積極的に、韓国語で話せる機会を作ってみましょう。

留学している人は、生活しているだけで、韓国語を使う機会がありますが、独学だとそうはいきません。でもしっかり自分で意識的に行動すれば、たくさん練習できるし、話せるようになれる言語です。

「そんな機会ないし…」とか言ってないで、自分でどんどん機会を作る努力をしましょう!!

今知っている知識で文章を作る力をつける

語学に終わりはありません。つまり、「知識がぜーんぶあるから、何を表現するのも調ヨユー!」みたいな状態は多分一生来ません。笑

大事なのは、自分の持てる知識だけで表現する力を身に付けることです。特定の単語がわからなくても、別の言葉で説明しながら、相手に伝えることはできます。例えば…

「私、最近節約してるんだ」

と言いたいとき、「節約」という韓国語がわからないとしますよね。そこで「え~なんて言うんだろう、わかんない、どうしよ~!」となるのではなく、他の表現で言い換えられないか考えましょう。

「私、最近はなるべくお金を使わないようにしてるんだ」

「私、旅行に行きたいからお金を最近貯めているの」

「私、旅行に行きたいと思っているから、最近お金がもったいなくて…」

言いたいことって、こんな感じでも表せるはず。例えばこの中に自分の持っている知識だけで表現できる言い方があれば、それでいいんです。

会話ってこういうことです。相手に言いたい内容が伝われば、端的な単語で表せられなくても大丈夫!この意識を持つようにすると、「単語がわからないから、言葉が続かない…」という事態を防げます。

初めから完璧を目指さない

外国語学に終わりはないし、一生完璧になんてなれません、多分。笑 でも、なりたいのは語学のエキスパートではなく、韓国人と会話できることですよね?

キレイな韓国語を初めからアウトプットできなくていいんです。ちょっと発音が乱れていても、文法が間違っていても、韓国人である相手はあなたの言いたいことを聞き取ろうと頑張ってくれます。

自分に置き換えて考えてみるとわかると思いますが、外国の人が一生懸命日本語で伝えようとしてくれたら、こっちも何が言いたいのか読み取ろうと頑張りますよね。外国人なのに、こんな日本語勉強してすごい!って思うし、「日本語上手ですよ!」とか言いますよね。

相手もそうなんです。相手もあなたの完璧な韓国語が聞きたいんじゃなく、なんとなく会話ができればいいんです。初めから完璧を目指さなくていいし、多分完璧にはなれません。笑

間違いを恐れて話す練習ができないと、全然上達もできません。頑張って伝えれば、つたなくてもわかってくれます。そのくらいの気負いで、スピーキングの練習に向き合ってみてください^^

スポンサーリンク

韓国語会話の勉強に役立つアプリやツール

韓国語会話の勉強に役立つアプリやツール

韓国語を話せるようになるためには、会話にフォーカスした心構えと勉強が必要です。ここでは、会話の学習に役立つアプリなどを紹介します。

勉強として十分使えるものでありながら、無料で利用できるものも。またお金がかかるとしても、数千円程度で始められるものもあります。

会話の練習を積むために、多少の費用は仕方ないと考えるべきでしょう。その練習があってこそ、しっかり話せるようになれるので、絶対に損はないはずです…!

Hello Talk(ハロートーク)

Hello Talk(ハロートーク)は、外国語を学ぶ人たちが集まるSNSのようなアプリ。こちらが学習している言語を母語とする人で、かつこちらの母語を学びたい人とコミュニケーションが取れます。つまり日本語を学ぶ韓国人とコミュニケーションが取れるアプリです。

Twitterのようなタイムラインで、不特定多数の人とコミュニケーションを取ったり、LINEのように気が合う人とメッセージや電話を楽しめます。

翻訳機能が充実しており、相手のメッセージがわからなくても、日本語に訳して確認することが可能なので、「まだ学習が足りないかも…」と不安な人でも大丈夫!

Hello Talkは、みんなお互いの言語を学びたい人が集まっているので、その中から気の合う人を見つけられれば、韓国語会話の練習もできるでしょう。アプリの利用は無料でできるので、実質0円で韓国語会話の実践練習ができちゃいます!

「SNSはちょっと不安…」と思う人も、むやみやたらに人と会わないとか、韓国にいる韓国人とだけやり取りをするといったルールを設けて利用すれば、安全に利用できますよ。

◆Hell Talkを利用してみた感想や、安全で効果的な使い方は、以下の記事でまとめています。

maum(マウム)

maum(マウム)は、匿名で韓国人との会話を楽しめるアプリ。通話時間は基本的に7分と決まっていおり、あらかじめ設定した趣味や関心に合わせて、相手が自動でマッチングされます。

基本的には一期一会的な出会いによる会話を楽しむ場で、あまり継続して連絡を取り合うようなアプリではありませんが、気の合う人がいれば、フォローし合ったりして継続的に関係を続けることも可能です。

その場の刹那的なやり取りを楽しむというコンセプトのため、あまり気負いせずに韓国人と話せるのがメリット。時間制限もあるので、「どうやって切り上げようかな…」とか考える必要もありません。

相手は日本に興味がある韓国人なので、韓国語会話の練習をすることももちろんできます。私もヒマな夜に使ってみましたが、相手の語学力は本当にまちまち。あまり日本語ができない人もいたので、そんな人との通話では、私のスピーキング練習になって本当に楽しかったです。

基本的には無料で利用できるアプリ。maumでも、0円で会話練習ができちゃいます。相手とあまり深いコミュニケーションを取りたくない人におすすめ。サクッと軽い気持ちで、スピーキング練習をしたい人は、maumをぜひ使ってみてください。

Netflix(ネットフリックス)

韓国ドラマや映画が充実している動画配信サービス「Netflix」。「Netflix」のメリットは、日本語字幕だけでなく、韓国語字幕を付けられる点です。

リスニングやスピーキングを勉強する上で、韓国人のリアルな会話を参考にするのは非常におすすめの勉強法ですが、なかなかドラマに韓国語字幕を付けられるツールはありません。

Netflixでは、オリジナルドラマのみですが、韓国語字幕を付けられます。もちろんオフィシャルで付けられている字幕なので、間違っていることもありません。韓国語字幕を使えば、何て言っているのか、しっかり理解できるようになるので、学習の上では本当におすすめ!

韓国ドラマで韓国語を勉強したい人は、Netflixが一番おすすめ!セリフを聞きながら、韓国語字幕を見て、文法や単語を理解する、という学習法を気軽にできるのは、多分Netflixしかないのでは…!

月額1,000~2,000円程度で利用できますが、十分にその価値があると思います!

◆Netflixを使った韓国語の勉強方法は、下記の記事で詳しく解説しています。

韓国語教室

手っ取り早く韓国人と会話する機会を作るのであれば、やはり韓国語教室がおすすめ。相手は先生なので、変な気を遣うこともなく、会話練習が可能です。

もちろん、できていない箇所を指摘してもらったり、正しい発音を教えてもらったりできるので、自分の足りない箇所を理解しながら、練習を進められます。一人で練習したり、相手が普通の韓国人だったりすると、なかなか自分のできていない箇所を理解することが難しく、学習として、はかどらないこともあります。

先生に付いてもらって、会話練習や学習することで、気付ける点は多々あります。少しお金はかかってしまいますが、費用的に問題ないのであれば、ぜひ活用すべきだと思います!

最近では、通いだけでなく、オンラインの韓国語教室を利用したり、個人で先生をしている韓国人を探せるサイトがあったりと、韓国語教室の選択の幅も広がっています。費用も安く利用できる教室もあるので、まずは一度探してみるのもおすすめ!

体験レッスンをしている教室もあるので、どんな会話練習ができるのか、自分に合っているのかをチェックする意味でトライしてみるのもいいと思いますよ!

◆おすすめ韓国語教室の紹介は、以下の記事で詳しくまとめています。

スポンサーリンク

韓国語を話せるようになりたいなら会話に特化した練習が必要

韓国語を話せるようになりたいなら会話に特化した練習が必要

やっぱり韓国語を勉強するなら、話せるようになりたい!しかし、日本人は、どうしても書く勉強に終始してしまう人が多く、試験に合格するくらいの知識があっても、全然話せないという人も少なくありません。

韓国語を話せるようになるためには、特化した練習や学習が必要です。独学だとなかなか話す機会がないと思いがちですが、自分の気持ち次第で、会話の機会はどんどん作れます。もちろん、予算がなくても無料のものも十分あります。

また十分な知識はもちろんですが、恥ずかしがらず話す勇気も大事。スピーキングは、知識だけでなく、メンタル勝負みたいなところもあります。あまり気負わず、間違ってもOKという気持ちで、積極的練習していくことが、スピーキング上達のポイントです!

少しずつ文法や単語の知識が仕上がってきたら、早い段階でスピーキングの練習にも力を入れてみてくださいね^^

この記事を書いた人
もめん

■留学経験なし
■語学教室行ったことなし
■独学でTOPIK6級合格

0から一人で韓国語を独学し、TOPIK6級にも合格!今では字幕なしでドラマも見れます。普段はフリーランサー。趣味はK-POPと韓国ドラマ、スノボとお酒♡

インスタもぜひフォローお願いします♡

>>もめんの詳細プロフィール
>>インスタフォロー!

もめんをフォローする

<本記事は、プロモーションが含まれています。>

Instagram運営中です

Instagramでは、ブログとはまた違う楽しいコンテンツや勉強のポイントを簡潔にまとめています!ぜひフォローお願いします^^

韓国語勉強に役立つ無料アプリ韓国語の語尾지って何?韓国語文法と日本語の文法の違うところ
スポンサーリンク
もめんをフォローする
もめんの0から独学韓国語
タイトルとURLをコピーしました