【経験談】一人でも上達できる韓国語のスピーキング勉強法

【経験談】一人でも上達できる韓国語のスピーキング勉強法

色々韓国語知識を蓄えても話せなかったら意味がない!!だけど韓国人の知り合いなんかいない!でも留学はできないし、語学教室にいくのも高いし…

私も勉強していた頃は、韓国人の友達なんかいなかったし、お金に余裕もなくて、こんな気持ちでした。笑 独学をする中で最も勉強しにくいながら、一番大事なのが「会話力(スピーキング)」。なかなかスピーキングを伸ばす方法がなかった私ですが、経験談から一人でもスピーキングが上達した勉強法(意識して取り組んだこと)を紹介します!

自分の中で韓国語妄想トークを繰り広げる

韓国語妄想トーク

ばっかじゃねーの!!と思うでしょう!笑 でもこれ、本当に役立ちます!!笑

方法は、暇なときに脳内で韓国語の会話を妄想してみるだけ。笑 なんでもいいんですけど、自分が楽しいと思えるシチュエーションとか、韓国に住んで友達ができたらやってみたい憧れの会話とかを想像してみるんです。

個人的には、楽しいことがいいので自分の好きなアイドルにかこつけたりしてました。笑 例えば、、、

  • 東方神起チャミ様は私の想い人♡今こそ思いを伝えるならなんて言う?
  • EXOのセフンに好かれちゃった♡告白されたときの私の答えは?
  • ばんたんのVくんは私の年下彼氏♡アメリカから電話をくれた!何話そう?

これだけ書いてると、相当やばいやつみたいなんですけど、とりあえず聞いてください笑

例えば、一個目の例なら…帰り際に偶然会ったということで(どういう関係笑)

「チャンミンオッパ!今帰り?」

チャ「お~そうだよ、仕事終わったところ、気をつけて帰りな~」

「待って!!一緒に帰ろう!」

とか、まあこんな感じで考えたとしたら、この日本語を韓国語で何て言えばいいか考えます。少なくとも”私”の部分は、韓国語で言えるように考えてみます。

「창민오빠! 지금 집에 가?」

チャ「오〜그래. 일 끝났다. 너 조심에서 들어 가.」

「잠깐만! 같이 가자. 」

と、なるわけですね。

しかしながら、なんて言えばいいのかわかんない言葉が絶対最初はあるんです。どうですか?自分で言いたいのに韓国語で出てこない!これじゃ韓国行っても話せないじゃん!!ということで、自分が言いたかった言葉を逐一調べていきましょう。そして、それをボキャブラリーとして覚えていきます。これを繰り返していると、自分で言いたいことがだんだんと韓国語で言えるようになります。

これは片手間でもできちゃいます。例えば通勤とか、どこか行くまでの道のりとか、歩いているときは暇だから結構うってつけです。わからないフレーズは、スマホの辞書で調べて「へ~こう言うんだ」くらいに思って続けてください笑

ポイントは、全てをしっかり覚えようとしないでもオッケーということ。自分の言いたい表現って結構似通っていたりするので、これを繰り返していると、同じような表現が何度も出てきて自然と覚えられるようになってきます。

憧れのシチュエーションで…とおすすめしましたが、リアルなシチュエーションでももちろん効果的です。例えば韓国の空港で道を聞きたいとか、韓国人の友達がいるとして週末の約束をしたいとか、自分が興味のあるシチュエーションでぜひやってみてください!

バカらしいけど結構これが本当の話!笑

韓国ドラマの俳優になった気でマネをする

女優を真似て韓国語スピーキング

またまた~恥ずかしいことを言い出した。と思うかもしれないけど笑 「話す」というのはマネから入るものなんです。生まれたてのベビちゃんも、ママとパパのマネをしながら言語を覚えるのだから!

ということで、意味がわかる言葉とかちょっとマネしてみてください。初めは短い言葉で大丈夫。勉強するうちに、ちょっと長い文章でも字幕があれば、スペルを理解できるときがあると思います。そういうフレーズは、自分でも口にしてみてください。ドラマは、日常会話で使われる表現が本当に多いし、しかも何回も出てくるので、フレーズとして、ボキャブラリーを増やすことができます。

余裕ができてきたら、意味だけでなく、どんなシチュエーションで使われている言葉なのかも、意識してみてください。単語やイディオムについて、辞書の言葉面の意味だけでなく、細かいニュアンスや使われる具体的な場面まで理解することができるようになります。

マネをするときも、俳優さんの発音と同じように発音することを意識してください。細かいことを言うのであれば、パッチムによる発音の変化や濃音、鼻音など、そういう発音の細かいポイントを意識してみてください。

韓国人のしゃべり方を真似することは、スピーキングはもちろんですが、イントネーションや発音の練習にもなります。言葉の意味がわかっていても、きれいに発音できなければ伝わりません。韓国人のしゃべり方を何度も聞いて覚えて、自分も同じようにしゃべることができれば、一気に伝わる韓国語に近づけますよ!

脳内独り言を韓国語で言ってみる

韓国語で脳内独り言

これまでの色々な勉強の中で培ってきた単語や言い回しを自分の脳内独り言で使ってみましょう笑 日常の中で起こる様々なことに対し、思ったことや感情を韓国語に置き換えて考えてみます。

  • 「びっくりした~!」→「깜짝이야〜!」
  • 「なんでそうなの?」→「왜 그래?」
  • 「早く行かないと!」→「빨리 가야지!」

脳内妄想トークと似ていますが、独り言というものは「何を話そうかな~」と考える暇もなく、パっと口に出るような言葉です。なので、日本語→韓国語への変換の時間を短縮する練習になるわけです。

「韓国語で何て言うのかな」と考えずに、韓国語ですぐ出てくるようになるのがスピーキングの最終的な理想です。頭の中で独り言を韓国語でパっといえるようになると、実際に口に出すときも、言いたいことをいちいち考えず、韓国語で言えるようになります。

思ったことをすぐ韓国語にできる力を養うためには、なんでもない日常の気持ちをすぐに脳内で韓国語に変換する練習が有効です。

本当に口に出してみても、もちろんもっといいけどね!!笑

Advertisement

韓国に行ったら絶対韓国語で話してみる

韓国語で積極的に話そう

韓国旅行、たまに行かないですか?私も年2回くらいはちょくちょく行っていました!全然多くないけど笑 もしそういう機会があれば、色んなところで是非韓国語を使ってみてください!

「言いたいことは言えても聞き取れないから会話にならないよ」と、思うのも確かなんですが、言いたいことが言えた経験も、自分の言葉が現地の人に通じた経験も、聞き取れなかった経験も、やってみないと体感できないんです。

この体感するということが重要です。できるかできないかより、何ができてうれしかったのか、何ができていないのかをわかることがもっともっと大事!

そんなの自覚してるって思うかもしれませんが、自覚というより感情を感じるべきなんです。「相手に通じてうれしい!」「相手の話が聞き取れなくて悔しい!」という気持ちを感じることで、またモチベーションが上がるから。これは、韓国人と話さないと生まれない感情です。

日本にいるときも、街で迷っている韓国人がいれば韓国語で話しかけてみるのもオッケー!こっちは善意なんだし、「なんだ、コイツ韓国語喋れる感じでやってきて、喋れないのかよ」とは思われないでしょう!笑 ま、思われたところで二度と会わないわけだし笑

とにかく、なんだかんだ言っても結局は韓国人と話すことが1番会話力が磨かれる方法であることに間違いはありません。なので、そんな機会があれば、恥ずかしがらず、どんどんチャンスを利用していきましょう!

まとめ:スピーキング学習のポイントとは

スピーキングのポイント

ここまで、スピーキング勉強法について解説しましたが、学習のポイントは特に2つ!

ポイント

①韓国人が使っている日常会話や単語を学んでマネをして覚える。
②単語やフレーズをストックしたら、自分の思うことをアウトプットする練習をする。

会話力はこの1と2の反復によって磨かれます。

文章を作る力としては、日記を書くこともいいとは思いますが、会話は瞬発力。「何て言うのかな」と考えている時間はありません。思ったことを瞬時に韓国語で表現するための練習が、スピーキングの向上に効果的。

もう一つ実践的な会話のポイントとして、言いたいことが自分のボキャブラリーの中で言い切れないときは、他のわかる言葉で言い換えて表現することも重要です。

少ししゃべれるようになってきても、母語ではない韓国語ですべてを何でも言えるようになるまでには、相当な経験が必要なので、どうしても言いたい内容が端的に言えないことがあります。そういうときは、自分のわかる他の言葉で説明できないか考えてみてください。

一番いい例として、「私は韓国語を独学しました。」です。「独学」という言葉自体は「독학」で、韓国語にも存在しますが、実際会話の中で使うには日本語の「独学」という言葉ほど自然な単語ではありません。

例えば、この「独学」という言葉が韓国語で何て言えばいいのかわからなくても、「一人で勉強した」「学校には行かなかった」など他の言葉でも表現できますよね。しかもこういう「一人」や「勉強」「学校」「行かなかった」などは初級単語なので、よく理解できている言葉だったりします。

このように、難しい熟語ではなく、自分がわかる簡単な単語に置き換えることができると、意外とスムーズに会話できたりします。

今回紹介した、韓国語妄想トークや韓国語で独り言は、バカじゃないの?って思う人もいるかもしれませんが(笑)、頭の中で何を考えていようと恥ずかしいことは何もないので、韓国人と関わることがなかなか少ない人には、ぜひおススメしたい方法です。

私も韓国人の知り合いがいなかったので、いつか話せることに憧れては、こんなことばっかりやっていました笑 でも、実際何もしないより、本当に効果はあったと思います!韓国に留学していなくても、「留学してたの?」と韓国人に聞かれるほどスムーズに話せるようになった私が経験したことなので自信をもってお伝えしたいです!!笑

結論!スピーキングは一人でも努力次第で効果的に練習できる!!

ちなみにスピーキング力アップに重要な発音のポイントについては、別記事でまとめていますのでご参考までに!

Advertisement