Instagramフォロー LINEで質問
楽しく独学

韓国語で日記を書いて文章力アップ!絶対やるべきメリットとは?

韓国語で日記を書いてみよう 楽しく独学
スポンサーリンク

文法や単語など知識をインプットした後は、アウトプットの練習がもっと大事!ということで、アウトプットの練習の一つとして日記を書いてみるのはいかがでしょうか?自分の言いたいことを韓国語で表現するいい練習になるし、ノートがあれば気軽に始められるのもいいところ◎今回は、韓国語で日記を書いてみる際のポイントや、メリット、効果的に楽しく続けられる方法をご紹介します!

韓国語で日記を書くメリット

韓国語で日記を書くメリット

普段自分の言いたいことは日本語で考えますよね?これが韓国語で会話をしようとなると、

自分の言いたいことを日本語で考える

韓国語でなんていうのかな?

韓国語に置き換える

アウトプットする

というプロセスを踏まないといけないのです。これが素早くできると会話はスムーズですが、このプロセスが遅いと、たとえ知っている表現や単語が多くとも、会話としては成り立たないのです。なので、韓国語でスムーズに会話できるようになるためには、まずこのプロセスの回転をいかに速く回せるかがポイント。日記を書くことは、この練習になります!

普段から自分の言いたいことを韓国語で考える習慣がつくと、よく使う表現や文法がよく身に付き、自分の言葉になります。自分の言葉になっていない表現は、知っていてもとっさに口からは出てこないので、よく使う表現を自分のものにすることは非常に重要。

また日常的なことや身近なことなはずなのに、意外と韓国語で何て言うのかわからないことって多いんです。そういうことに気づいて単語力を増やすという勉強にもつながります。

韓国語で日記を書く心得

韓国語で日記を書く心得

少しでもいいので毎日続ける

「韓国語で文章を書く」ということを続けると、韓国語でのアウトプットが習慣化するので、言いたいことを韓国語で考えることに慣れていくと思います。なので、長い文章をどんっと書くというよりは、短くても簡単でも、表現したことを毎日少しずつアウトプットするということが大事だと思います。

語学は、“少しでも毎日コツコツ”が重要!要は日常に溶け込むくらい生活化することも上達のポイント。勉強だ!という意識はそんなに持たなくてもいいので、メモするくらいの感覚で続けてみましょう。

ある程度韓国語の文法ができるようになってからトライ

文字が読めるかな~みたいな状態で日記を書き始めても、正直難易度は高いと思います。ある程度、基本の文法や単語が分かるようになった状態で始めたほうがモチベーション維持的にもいいと思います。できないことをやろうとすると疲れるし、嫌になるので…自分の思うことを思いのまま書きたいということであれば、ハン検(ハングル能力検定試験)で言うと3級くらいの能力かな?

初心者の人は、参考書にある構文や、新しく覚えた単語・文法を使って、自分の日常に置き換えて文章を作ってみるという方法がいいかも!自分事に置き換えることで、記憶に残りやすくなります。

できれば韓国人か韓国語上級者に見てもらう

韓国語の日記を添削してもらおう

書きっぱなしというのもとってももったいないです。もし、添削してくれる韓国人がいるのであれば、ぜひ正しい文章で書けているか、見てもらうとより力になると思います。なかなそういう韓国人の知り合いがいないということであれば、外国人交流アプリを使うとか、お安い金額で添削サービスを使う、という方法も。これについては後半に解説してます。

でも、添削してもらえないからやる意味ないか、というと全然そんなことありません。正しいのか正しくないのかはとりあえずさておいても、言いたいことを韓国語で考えてみるというプロセスの練習が会話力につながります。なので、この練習という意味でも、とりあえず、韓国語ではどう表現するのか考える習慣をつけることは大切です。そのアウトプットが間違っていれば正してもらうことで、勉強になるのは当然ですが、添削してくれる人がいないからってやらないというのはもったいない!これまで得てきた表現だけを駆使して、言いたいことを伝えることも立派な会話力です。ぜひ練習してください!

スポンサーリンク

韓国語で日記を書くコツ

韓国語で日記を書くコツ

どんな文体で書くか

韓国語の文体にも色々あります。日本語で日記を書くことと照らし合わせてみると、普通は、~다という言い切りの形や、パンマル(タメ口)の形で表すことが一般的かと思います。ただ、韓国語ができるようになったとき、どちらかというとヘヨ体で会話することがまずは多くなると思うので、あえて丁寧語のヘヨ体で書くというのもいい練習かと!~다の形にはない変化(아か어か、とか)があるので、いい練習になるかも。

ちょっと韓国語ができるようになった人であれば、パンマルにしかない言い回しというのも存在するので、パンマルで書くのもいいと思います。いずれにせよ、どんな文体で書こうか、と自分が意識し統一することが大切です。

日本語も並記しておく

自分の言いたかったことを日本語で併記しておくことも重要です。添削してもらう場合はもちろん重要ですが、後々自分が見返したときに、「あれ、これ違うかも」と思うときもあるかもしれません。

お題を用意しておくといい

「日記」と一口に言っても、ただでさえ日記なんて続かない人もいると思います。でもやっぱり継続は大事。ということで、事前にお題を決めておくのもいいかもしれません。「今日一番うれしかったことは?」「新しく挑戦したいことは?」「旅行行くならどこ行きたい?」「推しの一番好きなところは?」などなど。

別に「今日」にこだわらなくてもいいと思います。こういうプロフィール帳みたいな質問って答えるの楽しいですよね!それに乗じようという話。暇なときに質問をストックしておいて、毎日それに答える形で、韓国語で文章を書く。これなら楽しく続けられそうですよね♡

と、考えてたら、これを実現している本があるそうですよ!笑 自分でもできるとは思いますが、面倒な方はこういう本を使うのもいいかも◎

よく使える?フレーズ集

日記でよく使いそうな文法や表現を参考までに。

◆~하기「~すること」

~기は、動詞を名詞化するときに使う表現です。하다で終わる動詞は하기、하다が付かない動詞であれば語幹を前が前に付きます。

「明日は○○をすること!」みたいなTo Doの書き方でも使えます。

◆~고 싶다「~したい」【願望】

今後したいことや叶えたいことを表現するときに。動詞の語幹が前に付きます。

◆~ㄹ 거야「~する!」【意思】

「これから自分はこうするぞ!」という強い意思を表現します。タメ口の表現ですが、ㄹ 거에요で「~します!」という敬語にもなります。動詞の다をとったときにパッチムがない動詞では、そのままㄹを、パッチムで終わる動詞には、을をつけます。

◆예정이다「予定だ」

예정は「予定」の韓国語読み。~ㄹ(을)예정이다で「~する予定だ」と表現できます。

◆~ㅆ다「~した」【過去】

動詞や形容詞などを過去形で表す表現。日記では今日あったことを書くことも多いと思うので、よく使える表現かと。

日記を添削してもらえるサービスも!

「日記を書くなら誰かに添削してもらうといい」と書きましたが、独学中の方の中にはなかなかそういった韓国人や先生がいない人もいるかと思います。しかしこの便利な世の中、安価なサービスや、工夫次第では無料で活用できるサービスがあります!笑

トリリンガルのトミ|韓国語日記添削サービス

LINEのメッセージで、自分の書いた文章を添削してくれるサービスがあります。毎日100文字以内の文章をLINEで送ると24時間以内に添削して返信してくれます!日記でもいいし、ファンレターや韓国人の友人などに送りたい表現などなんでもよし!

月額5,940円の有料ですが、1回分に換算すると、180円/1回とリーズナブルな価格◎毎日文章を書く習慣もつけられるしお得かも^^

韓国語日記添削サービスのメリット
  • 料金が安いので気軽に始められる
  • 3日間の無料体験でお試しできる
  • 当日分は繰り越せないので毎日続ける癖がつく

入力テキストだけでなく、手書きの文章を写真で撮って送ってもOK!間違った表現はもちろん修正してくれますが、より韓国人らしい自然な表現も教えてくれるので、+αの勉強になると思います!

お試しはこちらから↓↓3日間の無料体験もできるので、お試ししてみるのも◎

Hello!Talk

外国人交流アプリのHello!Talkでは、自分の書いた文章を韓国人が添削してくれたりもします。本来は、互いの言語で交流し合い、語学を伸ばすことが目的のアプリですが、「この文章合ってますか?」「これってなんて言えばいいんですか?」と疑問を投げかけると、結構すぐに答えを教えてくれます。本当に反応が早くて、投稿したら2、3分で反応がもらえます!笑笑

Twitterみたいな感じのアプリ内タイムラインがあり、いつでも文字や回数に制限なく、アウトプットすることが可能。そこに書き込むとすぐに反応がもらえます!

今日あった出来事などを書いて添削をお願いしてみてもいいかも◎

Hello Talkのメリット
  • 質問したらすぐ回答を得やすい
  • いつでも何度でもアウトプットできる
  • 無料で始められる
  • 韓国人の友達ができる…かも!笑

まとめ:言いたいことを韓国語でアウトプットする習慣を

一番大事なのは、韓国語で自分の言いたいことを表現する習慣をつけよう!ということ。普段、自分の思考回路や、自分の言いたいことは母語である日本語で考えるので、韓国語の知識がたくさんたまっていても、表現する思考回路を鍛えておかないと会話はかなり難易度が高くなります。日本にいる以上、なかなか韓国人と会話の機会を持つことは難しいかもしれませんが、同じことを日記を書くことによって鍛えることができますよという話。

確かに、聞き取りや発音など、会話を成り立たせる上で必要な力は他にもありますが、まずは自分の言いたいことを韓国語で表現できることはとっても重要。普段から少しでもいいので、思ったことや言いたいことを韓国語で考えてみるクセを付けるといいと思います。

日記を書くことも重要ですが、段の生活の中から「これは韓国語で何ていうのかな?」という考えを持って、時間があるとにはサクッと簡単に調べるだけでも全然違います。毎日日記を続けるのが難しいという人も、ちょこちょこ日記を書きながら、こういう思考回路を意識するといいと思います。

大事なのは、韓国語でアウトプットできる思考回路!!ちなみにちょっとズレますが、”韓国語でアウトプット”という点で似ている、会話力を上げるためのセルフスタディはこちらにもまとめているので、合わせて参考にしてみてください♡

韓国語マンツーマンレッスンを始めました!
韓国語レッスンを始めました!K-POPやドラマなど、お好きなものを教材にしてレッスンさせていただきます。それぞれに合わせたマンツーマンレッスンなのでお得です♡ わからない単語から勉強方法まで、何でも聞いてください!スケジュールも比較的広く空けておりますのでぜひご利用ください!
LINE始めました!
LINEアカウント始めました!無料でいつでも質問回答しています^^お悩みに合わせて、一つ一つ手動でお返事させていただきますので、お気軽にご利用ください♡
スポンサーリンク
もめんをフォローする
もめんの0から独学韓国語

コメント

タイトルとURLをコピーしました