韓国語勉強に役立つ自作単語ノートの作り方

韓国語勉強に役立つ自作単語ノートの作り方

韓国語勉強でどんどん増やしておきたいのが、単語のストック。単語帳や、単語の参考書で勉強するのもいいのですが、「なんだか頭に入らない!覚えられない!」ということも多いのでは?

今回は、出会った韓国語単語をどのようにまとめておくか、私流ではありますが、ノートのまとめ方について解説してみます。参考になれば幸いです^^

単語はシチュエーションと絡めて覚える

まず持論ではありますが、単語は使われている具体的なシチュエーションと合わせて覚えることでより定着させることができると思います。ただ何の思い入れもないまま、参考書をひたすら読んだところで、なかなか覚えられないのは、ただ文字を読んでいるだけだから。具体的な文章や話の流れも含めて単語を覚えることで、辞書に書かれている言葉面だけの意味以上に細かいニュアンスをキャッチできるようになります。

これを踏まえると、単語を定着させて覚えるには、ドラマや実際の会話、せめてK-POPの歌詞などから、セリフや話の流れを含めてわからない単語をピックアップすることが効果的です!

「参考書や単語帳では、なかなか単語を覚えられない」という方は、いかに楽しく楽に自然に新しい単語に出会えるかを意識して、ドラマやK-POPを積極的に解読するようにしましょう。そこで出会った単語は、もちろん頭の中でまとめておくには限界があるので、ノートに書き留めておきましょう。

単語ノートの作り方

まず、僭越ながら私がまとめているノートを参考までに…(見えにくいかも、すいません((+_+)))

韓国語単語ノートの作り方

ページの1/4くらいに縦線を引いて、左側に覚えた単語、右側に意味など解説を書くことにしています。 内容について解説しますと

①新しく知った単語の基本形(動詞や形容詞であれば다で終わる形)
②意味
―②-1基本的な意味、辞書的な意味
―②-2[]内:漢字語の場合、元になっている漢字
―②-3(赤字):この単語が出てきたセリフや文章
―②-4(青波線):セリフの中でわかるより口語的なニュアンスや意味
―②-5(緑字):過去形などの活用や変形の形が変わっている場合の記述

私の場合はこんな感じでまとめています。それぞれ深堀りして解説します!

①新しく知った単語の基本形

新しく出会う単語は、セリフや文章の中に紛れ込んでいるので、過去形だったり敬語だったりいろいろな活用をされて登場するかと思いますが、基本形の다で終わる形を把握しておく必要があります。

なので単語帳としては、動詞や形容詞の場合、まずは基本形を必ず押さえておきましょう。

②-1基本的な意味、辞書的な意味

その単語を韓国語の辞書で引いたときに出てくる意味です。まずはこれが基本的な単語の意味なので、書き留めておきます。たくさん意味があるときは、よく使われそうな意味や、このシーンで使われた意味合いだけピックアップしてもOK。

②-2[]漢字語の場合、元になっている漢字

単語が漢字語で構成されている場合には、元になっている漢字を書き留めておきます。辞書を引いたときに漢字語であれば、横に漢字が書かれているので見逃さないように!大体2文字のハングルで構成されている単語は漢字語である可能性が高いので、特にチェックしておきましょう。

単語は漢字語を意識しておくと、以降新しく出会った単語でも、予想するのが簡単になるので、覚えておいて得しかないです!笑 初めはちょっとややこしく感じるかもしれませんが、漢字一字に対する韓国語読みは基本一つしかないので、「この漢字は韓国語読みでコレ」と発音を把握しておくと、他の単語でも同じ発音です。 なので漢字語を意識しておくと単語力を伸ばすスピードが一気に上がるので、重要です◎

Advertisement

②-3(赤字)この単語が出てきたセリフや文章

この単語が使われたセリフや歌詞を書き留めます。冒頭でも説明した通り、単語はエピソードと紐づけて覚えることで定着率が格段に上がります。なので、単語そのものではなく、この単語が登場したシーンや情景も含めて覚えておくことが大事。

そのフレーズからドラマのシーンや好きなアイドルが歌っていた情景が思い出されるくらいが理想です。なんなら、「この単語を聞いたらこのシーンが思い浮かぶ!」くらいでいいのです。これでこそ、単語は自分のものとして定着します。

単語と、その単語が使われたシーンを紐づけて覚えるために、フレーズを書き留めておくのです。フレーズだけで情景が伝わりにくい場合は、シチュエーションや登場人物の感情についての説明書きもプラスしておくといいと思います。

②-4(青波線)セリフの中でわかる、より口語的なニュアンスや意味

確かに、単語そのものの意味は辞書を引けば出てはくるのですが、実際の会話では、“辞書で出てくる意味”よりも、もっとくだけていたりする場合もあります。

このノートにある単語を例に説明しますと、역할という言葉があるのですが、辞書で引いたときの意味は「役割」です。なので、これをまずは書き留めておくのですが、実際私が見たドラマの中では、「疑うことが私の역할なんでね」とか「いいからお前の역할だけやっておけ」というような発言で使われていたのです。

このとき思ったのは、「“役割”という意味ではあるものの実際は、“やるべきこと”というニュアンスで使われているんだな」ということ。ざっくりとは同じ意味ではあるものの、日本語で考えると微妙に違いますよね?このように辞書の言葉面だけではわかりきらない意味が含まれていることがよくあります。

自分が見た・聞いたシチュエーションから、理解したニュアンスや一歩踏み込んだ意味、言葉の使われ方があれば、それもメモしておきましょう。

②-5(緑字)過去形などの活用や変形の形が変わっている場合の記述

簡単な活用、例えば하다の形の動詞や形容詞であれば、その前に何がこようが同じ活用なので、メモするまでもありませんが、たまにパッチムを取っちゃうというような活用をする動詞があったりします。 そういった文法上注意しておくべき活用や変形があるときは、会話上でも重要なのでメモしておきます。

会話する中で連用形になったり、タメ口になったり、敬語になったり、いろいろな活用が容易に想定されますので、単語は意味だけでなく、活用による変形まで調べられるとベストかと思います。

まとめ:とはいえ自分に必要なノートまとめを!

以上です。私が普段やっているノートまとめについて解説してみました。私も普段ノートにメモしたりするのは面倒だったので、最近ドラマを見ながら始めたところですが、ちゃんと一連の内容をまとめておくと、自分の中でも印象的になり、定着しやすいなと思います。またちょっとした時間にパラパラ見返すと、覚えたことを思い出してさらに効果的かと思います。

初めて知った単語はもちろんですが、私は音だけで覚えていた単語も改めて書き留めておくようにしています。やはり、正しいスペルを理解してこそ正しい発音ができるもの。音と意味だけで覚えていた単語も今一度書き起こし、細かいニュアンスまでメモしておくことに越したことはありません。

ここに書いたことは、私が必要だなと思ってまとめている内容ですが、自身にとって他に必要な内容があればもちろん書き足してOK!自分があとで見返して理解できるノートづくりが一番です。私は、あまりたくさんの内容を書きすぎると後で読む気がなくなっちゃうし、あまり複雑なレイアウトにすると続かないので、シンプルな書き方と内容を意識しています。

ともあれ、自分がわかりやすいことが一番!上記を参考に自分だけのオリジナル単語BOOKを作ってみてください^^

Advertisement