Instagramフォロー Twitterフォロー
韓国ドラマレビュー

「主君の太陽」韓国ドラマ*感想レビューと韓国語名シーンを紹介!

主君の太陽_韓国ドラマレビュー 韓国ドラマレビュー
スポンサーリンク

ソ・ジソブの新しい魅力を発見度★★★

名俳優ソ・ジソブとラブコメの女王コン・ヒョジンのホラーラブコメ「主君の太陽(原題:주군의 태양)」♡霊が見えるゴンシルに最後のお願いを頼む霊たちのハートウォーミングチックな話にも注目なストーリー。個人的には、ソ・ジソブの傲慢で俺様ながら、ピュアで一途な姿が新しいキャラで、とってもキュンとしました♡♡

「主君の太陽」基本情報

主演 コン・ヒョジン、ソ・ジゾブ
制作年 2013年
話数 17話

ソ・イングクなど、脇を固める俳優陣もよく見る方ばかりで、キャストもしっかりしている印象です。経営するショッピングモール会社では主君(주군)と呼ばれているジュンウォンと、苗字であるテ(태)に嬢(양【ヤン】:女性や女の子に付けるいわゆる「ちゃん」的な呼び名)を付けたテヤンと呼ばれるゴンシル。

テヤン(태양)とは韓国語で「太陽」という意味もあります。ジョンウォンがゴンシルを雇う=主君がテヤン(太陽)を雇う=主君の太陽、というタイトルになっているわけです!

「主君の太陽」あらすじ

霊が見えてしまうことから、社会とは少し距離を置いて生きるテ・ゴンシル。また霊のお願いを仕方なく聞いてあげた帰り道、ひょんなことからショッピングモール会社の社長ジョンウォンに遭遇。うっかり彼に触れると、しつこく見えていた霊の姿が消えることがわかる。霊が見えることにうんざりしていたゴンシルは、ジョンウォンが唯一の救いに感じ、付きまとい始める。初めはそんなゴンシルを疎ましく思っていたジョンウォンだったが、過去の事件で亡くした彼女のことが気がかりになっていたので、霊が見えるゴンシルを利用し、事件の真相を探ることに。

利害が一致し、ジュンウォンの会社で働くことになったゴンシルは、霊視能力を使って周りのトラブルを解決していく。風変りながらも、いつも一生懸命なゴンシルのそばにいるジョンウォンは、次第に心が惹かれ始めるが…

「主君の太陽」はU-NEXTで見られます!

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

見どころポイント

ソ・ジソブのカッコよさ

ソ・ジソブって代表作の「ごめん、愛してる」を始め、結構暗かったり重い役が多いイメージなんですが、このドラマではわがままでちょっと冷徹な御曹司なんです。しかも結構ピュアでチャーミングという、ソ・ジソブのイメージとは結構離れた役。(ヒョンビンがやりそう笑)

「へ~意外」と思ったんですが、これがめっちゃいい♡♡めっちゃクールそうなのに、ゴンシルに振り回されて、ゴンシルのことばっかり気にしちゃって、気づいたら好きになっちゃって、しかもゴンシルに合わせてくれて。ギャップがたまらん!

ソ・ジソブって声も低くてかっこいい♡この役ではしゃべり方が落ち着いているというか、タイトル通り「主君」って感じのしゃべり方なんですが、そのしゃべり方でめっちゃときめくこと言ってくるので、そのギャップにやられます…!

ソ・ジソブのピュアなラブリーキャラ、なかなかないのでめっちゃオススメです♡笑

コン・ヒョジンの演技の良さ

コン・ヒョジンって、ちょっと変わってる人の役が多いんですよね。演技が上手なので、ヒロインを務めているドラマや映画が多いですが、その役どころが結構男から見ても女から見ても“変な女”みたいな扱いされているっていうか。でも、ただかわいいだけじゃない、そういう難しい役どころにも関わらず、そういう演技がすごい上手!

顔がすごいかわいいわけじゃないと思うけど、だんだんかわいく見えてくるし、チャーミングに見えてくるんですよね!笑 コン・ヒョジンのドラマでは、「嫉妬の化身」もおもしろくてオススメ!ただのラブだけでなく、ちゃんとしっかりおもしろさも表現できるコン・ヒョジン大好きな女優さんです!

「嫉妬の化身」もレビューしてます♡興味がある方はぜひ!コン・ヒョジン×チョ・ジョンソクのおもしろラブコメディーです!

おばけたちのヒューマンドラマ

メインストーリーは、ジュンウォンとゴンシルの関係ですが、毎話毎話ゴンシルの存在に気付いた霊からの最後のお願いを叶えてあげるという流れです。その霊たちのお願いや境遇がまたちょっといい話だったりするんです。

こうやって毎度霊のお願い事を叶えるゴンシルに、ジュンウォンが付き合いながら、二人の距離が縮まっていきます。二人が直接伝えられなかったことを霊を介して知ったりもするので、周りの霊の存在は結構重要かも!?

ゴンシルとジュンウォンと三角関係

ゴンシルとジュンウォン、そして警備官のカン・ウの三角関係はもちろん、カン・ウに惹かれ始めたゴンシルの友人でもあるイリョンや、ジュンウォンの初恋で亡くなってしまったヒジュなど、色々なところで三角関係が!(韓国ドラマあるある?笑)

まあセオリー通りに誰が誰とくっつくのかはもちろんお決まりではありますが、その過程は波乱万丈でストーリーも大きく展開するので、見ていて飽きないと思います^^

「主君の太陽」感想・レビュー

ソ・ジソブとコン・ヒョジンという名俳優タッグだったので、軽い気持ちで見たんですが、思った以上におもしろい!!「霊が見える」とかまたファンタジーな内容ではありますが、全然見入れる面白いストーリーでした!!

ソ・ジソブは、「ごめん、愛してる」のイメージが強くて、その他でも結構影があるというか、暗い役どころが多いイメージだったのですが、このドラマではコメディチックながらも傲慢系の御曹司の役だったので新鮮でした!でも、重厚感というか「主君」の感じには、このソ・ジソブの重めな感じや大人な感じがしっくりきていたんじゃないかと思います。傲慢に見えて、結構ピュアだし、ときめくような言葉も結構サラッと言ってくれるので、かなりときめき度は高かったです!

カン・ウを演じているのは「応答せよ1997」にも出ていたソ・イングクだし、ジョンウォンの少年期を演じてるのはINFINITEのミョンスだったり、イケメン揃いなところも個人的には結構楽しかったです笑 大人なヒョンビンに対し、若い情熱とフレッシュさで対抗するカン・ウ。悩みますね。笑

総合評価としては結構高め!ストーリーも結構複雑で、展開も結構多いです!終始霊が付きまとう話なので、そういう部分を馬鹿らしく感じない方であれば楽しいドラマだと思います!笑 あとOSTも結構よくて、曲としてもステキなものが多かった印象です。やっぱりOSTってドラマを盛り上げるものなので、すごい大事。笑 ソ・ジソブがコミカルでかっこいいので、ちょっとポップなソ・ジソブにときめける作品だなと思います♡

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

「主君の太陽」韓国語名シーン

名誉挽回!一発逆転!

태공실, 나 너때문에 결혼 깨고 왔어. 그러니까 니가 책임 쳐.

(テ・ゴンシル、俺はお前のために結婚を蹴ってきた。だから、責任を取れ。)

3:14

ゴンシルが、久しぶりに会った友達と自分の恋愛話(本当はそうじゃない笑)をするも、「最終的に相手は他の人と結婚するのに私は離れられない」とまるで自分がすがっているかのような話になってしまい、ちょっと皆に引かれていたところ、ジョンウォンが現れてこの一言。この一発逆転ぶちかまし感!!サジャンニム(社長様)かっこよすぎ♡♡個人的に一番好きなシーンです♡

깨다は「壊す、割る」という意味で主に使われますが、転じて「物事をダメにする」という意味もあります。つまり、このセリフでは、「結婚を破談にして」という意味になります。この感覚は日本語の「蹴った」に近い感じ。「蹴る」も「(ボールなどを)蹴る」の他に、「決まっていたものを取りやめにする、放棄する、断る」という意味がありますね。

책임は「責任」の韓国語読み。韓国語では「責任を取る」は、책임 치다と言います。この치다には「犠牲を払う」などの「払う」という意味がありますが、これについては本当によく使う言葉なので、そのままイディオムとして覚えるのがいいと思います。

우리 애기 오빠랑 갈까?

(うちのかわいい子は、オッパと行こうか?)

3:47

애기は아기のことで「子供」という意味。会話ではよく애기が言いやすいようでよく使われます。単に「子供」という意味だけでなく、自身が“かわいがっている子”というニュアンスがあります。なので、年下の彼女なんかにも使われ、まさにこのセリフのシーンですね。前後でも우리 얘(これも아이の意味)「うちの子」と言っています。

우리 공실이「うちのゴンシル」と言っても問題ないセリフですが、애기と言うことによって、ジュンウォンが、かなりかわいがっていて円満でラブラブな関係、という感じが伝わってくるフレーズです。ジュンウォンが現れる前には、ゴンシルがすがっているような感じで一方的に好きみたいな話になっていたので、そういった雰囲気をこのセリフで一掃した感じがありますね!ますますステキ!!

~랑は「~と」という意味で、와・과と同じ意味ですが、会話では~랑がとてもよく使われます。

君ではない。

똑같기는 한데 그 건 진짜가 아니야.

(同じもののようだが、それは本物ではない。)

3:11

記憶を失い、大切なことを思い出せないジュンウォン。そして、記憶がなくても気になっていたハンナのネックレス。(実はジュンウォンが以前ゴンシルにあげたものと同じもの。)ジュンウォンが思い出せない大事な人は自分だと主張するように、「探していたのは私(がしているネックレス)ではないのか」と問うハンナに一言。

ハンナはジュンウォンに近づこうと策略的にわざと同じネックレスをして、自分に気を向かせるよう仕向けてきたわけですが、その違いを感覚でわかるジュンウォン。結局記憶がなくてもゴンシルは特別ってことみたい、ステキ♡きっぱりはっきり아나야.と明言するあたりも男らしくてかっこいい♡

똑같다は、「全く同じ」という意味。같다だけでも「同じ」という意味はありますが、똑같다はさらに強く、“まるっきり同じ”“全く同じ”というニュアンスがあります。この場合、物としては同じなわけだからこの言葉を使うのは間違いではないですよね。「物としては全く同じものだ」ということは把握しているということ。

진짜は、よく「マジ、本当」として会話で使われる印象が強いですが、「本物」という意味が元です。

「ネックレス自体の物は確かに全く同じものだけど、自分がゴンシルにあげたり、色々な想いが詰まった“本物”ではない」ということを言いたいセリフです。一見サラッと言った一言ではありますが、「探しているのは君じゃない。君は偽物だ。」という本質的な意味を突いた一言なわけですね♡ステキ~♡♡

インスタ応援してください♡
Instagramをフォロー!

Instagramでも情報配信中!記事のまとめ版、K-POPや韓国ドラマに絡めたサイトではアップしていない独学情報も♪ぜひフォローお願いします♡(@momen_dokugakukor)

スポンサーリンク
もめんをフォローする
もめんの0から独学韓国語

コメント

タイトルとURLをコピーしました