韓国旅行中にできる!独学韓国語勉強法

韓国旅行中にできる!独学韓国語勉強法

K-POPが好きなら、皆大好き韓国旅行♡ただ普通に旅行するだけでも最高に楽しい韓国ですが、独学者としてはせっかくなら、現地に滞在できる数少ない機会を効率的に生かしたいですよね!ちょっとの意識で、ただの旅行も語学学習に役立ちます!

今回は韓国旅行をするなら、意識したい独学ポイントを解説したいと思います^^

韓国人と会話をする

会話力を伸ばすには、韓国人と会話することがやはり一番大事!!日本で独学している人が一番勉強に悩むのが、スピーキングを伸ばすことではないかと思います。日本にいてもなかなか韓国人と話す機会がないのだから、韓国に行ったときはとことん韓国語を使いましょう!

韓国は日本語や英語が結構通じてしまうので、韓国語を一回も使わないで旅行を完結させることができてしまう土地です。だからこそ、自分で「この旅はなるべく韓国語で話す!」という意識をしっかり持つことが大事なのです。

とりあえず自分の言いたいことを話してみて通じるのか試してみましょう。通じるのであれば、相手の言ったことを聞き取れるのかさらにトライしてみましょう。通じなければ言葉を言い換えてみるなど、なんとか自分の韓国語が通じるようとにかくひたすらチャレンジしてみましょう!

通じるか通じないか、また聞き取れるか聞き取れないか、ということよりも、怖気づかず韓国語を口にできる練習が必要です。韓国語をよくわかっている人でも、会話となると緊張してしまいなかなか口にできないものです。

日本人は完璧にきれいに話せるようにならないと、「会話が成り立たない」「恥ずかしい」と感じ、なかなか外国語で話しかけられない人が多いように思います。(英語もしかり)しかし完璧に話せるようになれるまで、じゃあどこでそれを練習するんですか?という話。

韓国に行って韓国人と話すことは、“本番”のように感じますが、これも練習。通じないことや聞き取れないことを怖がるのではなく、「なんとかなる!」という気持ちで話しかけられるマインドを作ることが大切です。

意外と言い換えたりすれば、通じることもあります!とにかく滞在中はこれまで学んだ韓国語を自分の口から発する練習をしましょう!

ポイント

会話が成り立つかどうかより、怖がらず韓国語で話しかけられる“勇気”を身に付ける!

日本人にとって韓国語スピーキングが難しいのはやはり発音。発音の上達方法やスピーキングの上達方法は別記事でまとめていますので、ご参考までに。

案内表示をじっくり読む

当たり前ですが、韓国に行けば、案内表示や標識、看板などはすべて韓国語。これらをくまなく読んでみましょう。

日本で韓国語を読もうとなると、参考書を開いたり、韓国語SNSを開いたり、わざわざ自分から能動的に動かないと、ハングルを目にすることすらないと思いますが、韓国にいる間は、ただ歩いているだけでもハングルが目に入ります。

そういうものを逐一読むようにするだけでも、読解力や単語力が上がります。読んでみてわからない単語があれば、辞書などでさっと調べるか、メモしておいて後で調べると、単語を覚えることができますよね。単語帳を書くよりも、シチュエーションや経験が紐づいている分、記憶に残りやすいのです。

よく目にする韓国語表示の例と、私が考える学習上の特徴は以下の通り。

  • 案内文→ 文章が多いので、いろんな表現を目にできる
  • 表示・標識→一単語で表記されているので、覚えやすい
  • 看板・商品名→固有名詞が多いので単語力を伸ばすには向いていない。固有名詞の部分が判断できれば、食べ物の名前や外来語のハングルスペルを覚えられる

とにかく色々な韓国語をひたすら読むということが大切。つい、一緒に書かれている英語などを読みたくなってしまうところですが、ハングルを読むことを強く意識してみましょう!

アナウンスをしっかり聞いてみる

飛行機の中や電車の中、駅での案内のアナウンスやタクシーのラジオなど、聞こえてくる韓国語を聞き取る努力をしましょう。韓国人と会話をしなくても、これらのご案内アナウンスやラジオを聞いているだけでも、リスニングの勉強になっています!

リスニングを伸ばしたかったら、とにかくひたすら聞くことが大事。韓国にいる間は、普通に過ごしているだけで韓国語リスニングができちゃう最高の時間!笑 この時間を少し意識して、何を言っているのか聞き取ろうと努力することで、もっと効率的な学習につながります。

特に空港や駅のアナウンスって日本で聞く内容と大体似たようなことを言っていることが多いです。ベースに「大体こんな内容かな」と思いながら聞くことによって、内容を想像しやすくなるので、より聞き取りやすいかと思います。

しっかり意味を把握しようというよりは、自分が聞き取れるかチャレンジ!くらいの軽い気持ちでOK!聞き取れなくてもOK!聞き取ろうとして、韓国語を聞いている時間が大切なのです。

ちなみに特に見たいものがなくてもホテルでテレビを流しておくこともおすすめです。ちょっと暇になったり、興味がある内容だなと思うときに、意識して見ているだけで勉強になります。なるべく韓国語を聞いている時間を増やすということももちろんポイント特にアニメは子供向けなので、韓国語も易しくてわかりやすく、バラエティであればテロップが出るので、聞き取れなくてもハングルに書き起こしてくれるのでおすすめです◎

Advertisement

機内誌を読む・韓国語パンフレットをゲットする

韓国行きの韓国の航空会社の飛行機であれば、韓国語の機内誌が置いてあると思います。飛行機での時間はそれを読んでみることもおすすめです。

もちろん韓国語の文章をたくさん読めるからというのが一番の理由。わからない単語があれば、辞書で調べたり書き留めたりできる時間的余裕があることも◎

もう一つの理由として、これから向かう韓国のおすすめ情報が載っているので楽しいのです!機内誌に書いてあるおいしそうなカフェやかわいいお店があれば、これから行けちゃいますしね!私も実際に機内誌に載っていたお店を訪れたこともあります。雑誌に載っているだけあって、おしゃれなお店も多く、本当に「行ってみたい!」という気持ちがあると、書いてある韓国語もどうしてもわかりたくなるものなのです笑 こういう気持ちが動く勉強が一番身になります。

他にも韓国や空港で手に入る韓国語のパンフレットや案内誌などをもらってみることもおすすめ!参考書上での勉強として日本人のために作られた韓国語の文章ではなく、韓国人のために書かれた文章は、もっとリアルな文章表現を学べます。

しかもこういったものは全部タダ!タダでよりリアルな文章をゲットできるなんて最高のチャンス!韓国に来たからこそです!そのときにすぐ読まなくても、家に帰ってからじっくり読むこともできますし、韓国にいる間にいろいろな無料教材(笑)をたくさん手に入れておきましょう!

雑誌や本を買ってみる

これも無料パンフレットなどと同じ理論ですが、韓国人が普段読むものを読むことで、よりナチュラルな表現を学ぶことができるからです。

そして自分の興味がある分野を選択できるので、参考書など決められた文章を読むよりも、好きなことだからこそ、興味がやる気につながります。

選ぶのにコツなんてありません。自分の好きなものを選べばいいと思います。しいて言うなら本選びについては若干アドバイス。

①日本語でも出版されている小説やエッセイなどは内容を確認できるので読みやすい
②短編集や名言集は、かいつまんで読めるので読みやすい
③小説は書き言葉が強すぎるのであまり日常的ではない

上記を踏まえた上で、やっぱり好きな本を選べばいいと思います。お料理HOWTO本は、韓国料理や食材の名前が学べて楽しいし、絵本は、子供向けで韓国語もやさしくわかりやすいです。日本の旅行本だったら韓国語で新しい日本を発見できるかもしれないし、好きなアイドルが読んでいたあの本を読めば、自分も同じ気持ちになれるかもしれません。

雑誌であれば好きなアイドルのインタビューなど載っていると最高ですよね!笑 あとはメイクのHOWTOなども興味があれば楽しいかもしれません。韓国国内のおすすめスポットを集めた雑誌は、この旅から生かせる内容かもしれない!

漫画もおすすめです!日本でお馴染みの漫画が韓国版でも結構発売されています。日本語で読んだことのある漫画であれば、内容を知っている分、読みやすいですしね!

とにかく自分の興味が惹かれることが重要。好きなこと・興味があることであれば、「もっと内容が知りたい」という気持ちが、韓国語を読解するやる気につながります。

韓国の大きい本屋さんは、ただ行ってみるだけでも楽しいです!ぷらぷら歩きながら、勘やフィーリングで本を選んでみるも楽しいですよ♡せっかくの韓国旅行の機会を生かして、韓国人の生活に密着した、自分にぴったりの教材をたくさん手に入れちゃいましょう!!

化粧品のパッケージをじっくり読む

韓国コスメって評判もいいし、ついつい買っちゃう!その化粧品のパッケージにも、よくよく見ると韓国語で説明が書いてあるんですよね!特にスキンケア系のコスメ(パックや洗顔料など)の裏面は使い方が絶対書いてあります。

大体使い方はわかっている化粧品が多いとは思いますが、韓国語の勉強のために読んでみましょう。「皮膚」や「保湿」「美白」「乾燥」など、化粧品でしかなかなか見ない、だけどわかってないと化粧品選びにも影響しちゃう単語って結構いっぱいあるんです。

パッケージにも効能が表記されていることも多いので、注意深く読んでみましょう。韓国語の参考書にはなかなか書いていない単語ばかりなので、単語力がめっちゃ上がります!

覚えてしまえば、お店でもパッケージを見ただけで商品選びもできちゃうし、一石二鳥♡時間あるときにじっくり読めるし、使用方法なんて文章も短いし、そんなに難しい勉強じゃないですよね。化粧品が大好きな女子ならではの勉強法です!笑

まとめ:ちょっとの意識で韓国旅行はすべてが勉強に!

いかがでしたか?ポイントは、常に韓国語を意識すること!読むものも聞くものも話すのも、常に韓国語を優先にしましょうという話です!もちろん、語学を勉強している間中、ずっと共通して言えることですが、韓国旅行中は、それがとってもやりやすいんです!

ちょっとの意識で勉強になることがたくさん散らばっています!しかも机や本にかじりついて勉強するだけではなかなか上達できないことが、軽々経験できるわけです。参考書やリスニングCDでは得られない経験が、現地にはいっぱい!

ただただ遊ぶだけではもったいない!同じお金を払うなら、自分の語学勉強に少しでもプラスの経験を得られるよう、ちょっとずつ意識してみましょう。

私も韓国留学したことはないのですが、年2回くらい韓国旅行に行っては、ここに書いたポイントを意識して行動してました。1回旅行に行く度に、自分の韓国語が通じた嬉しさや通じない悔しさを味わい、帰ってきてからもモチベーションになりました。

自分の興味がある化粧品や旅行情報やおいしいお店、かわいいお店、バラエティ番組などと絡めると韓国語を読みたい・聞きとりたい気持ちも強くなりますし、「勉強している!」という意識がないまま、自然と勉強できているような感覚でした。また次に旅行に行くと前回よりも韓国語ができるようになった自分を感じることができて、それも楽しかったです。

机で勉強することが苦手な人はいかに、自分の興味と語学を結び付けられるかがポイント!机での勉強が得意な人でも、実際の現地で得られる経験はそれ以上です。韓国旅行は、新しいことを学んだり経験する場でもありますが、これまでの自分の勉強が試される場でもあるのです。

楽しみながらも、ちょっとの工夫や意識次第で、自分の語学力は劇的に変わります!どんなことも楽しみながら勉強になっていると思って頑張りましょう♡

Advertisement